レンタルで着物デートを楽しもう【新鮮な気持ちで街並みを楽しめる】

着物をレンタルする

留袖

気をつけたいポイント

かしこまった席や結婚式のような晴れの席など、着物を着用したい場面というのは時々訪れます。自前で着物を持っていない人であれば、レンタルショップを利用したりすると思います。しかしこの時注意すべきなのは、着物には格があって着用する人や状況によって使い分ける必要があるという点です。ここでは格の高い着物の一つ、留袖をレンタルする前に気をつけたいポイントについて紹介します。留袖というのは女性の礼装であり、既婚女性が着用する最も格式高い着物になります。つまり本来は未婚女性が着用するのはタブーとされていましたが、現在では未婚女性でも着用できる場合があります。この時気をつけたいのは、色留袖は未婚女性でも着用可能ですが、黒留袖は既婚女性のみ、というマナーが存在する点です。色留袖についても本来は既婚女性しか着れませんでしたが、年齢的に振袖を着用しづらいと感じる未婚女性が増えたこともあり、振袖の代わりに着用する事が認められるようになりました。一方黒留袖については年齢が高くても未婚女性が着用するのはタブーなので、レンタルの際は注意してください。また色留袖の場合、紋の数にも気を配りましょう。着物に染め抜かれた家紋には、数が多い物から5つ紋、3つ紋、1つ紋という3種類が存在します。数が多いほど格式が高いとされ、参考までに結婚式では親族は5つ、遠い親戚は3つ、友人以下は3つから1つ、という使い分けが一般的にされます。紋の数が不適切だと場違いになって恥をかくだけでなく、相手に失礼にあたる場合もあるので慎重に選びましょう。尚黒留袖については5つ紋のみなので、紋の数について気にする必要はありません。さらに地の色や柄についていえば、自分が主役なのかあくまで招待客なのか、を考えて選びます。少なくとも主役が他にいる場合には、あまり目立ちすぎない色柄を選ぶのが最低限のマナーになります。