レンタルで着物デートを楽しもう【新鮮な気持ちで街並みを楽しめる】

魅力の多い衣服

半纏

暖房費の節約にも効果的

半纏と聞くと、多くの方は昔の物と捉えると思います。たしかに現代ではあまり見かける機会も多くありませんが、現代でも十分通用する魅力がたっぷり詰まった着物でもあります。ここではそんな半纏の魅力について、ご紹介していきます。半纏というのは和服の一種で、衣服の上から着用する上着です。似たようなものに法被がありますが、現代では混同されていて違いははっきりしません。ただ上流階級の間で発達した法被に対し、半纏は庶民階級の日常着であったという、発祥の歴史には違いがあります。また法被にはみられない特徴として、綿をつめた綿入れ半纏という防寒用のものが存在する事が挙げられます。そしてこの綿入れ半纏こそ、現代でも通用する高機能な衣服でもあります。袷の着物と同様に生地に裏地を合わせ、その間の空間に綿を充てんする事で空気層を作りだして防寒性を高めます。外部からの冷たい空気を遮断し、体温を適度に保持する事で自然な温かさを感じられます。まるで布団を羽織っているような優しい温かさですが、半纏には袖がついているので着たまま家事や仕事をこなせます。さらにコートなどと違ってゆったりとしたつくりをしているので、どんな服装でも服の上からさっと羽織る事が出来る手軽さも魅力です。生地によって様々な表情を見せてくれますし、最近ではお尻まですっぽり覆う丈の長い物や、動きやすさを追求した半袖や袖なしタイプなど、用途や好みに合わせた商品もたくさんあります。温かな綿入れ半纏を室内で着用していれば、暖房費の節約にもつながって環境にも優しいです。半纏を上手に使えば、冬を快適に乗り切ることが出来るでしょう。