レンタルで着物デートを楽しもう【新鮮な気持ちで街並みを楽しめる】

遊郭の女性の服装

花魁

普通の和服と違う理由

京都の島原や祇園でよく見かける花魁衣装、普通の和服とは違う独特な感じがしていて最近若い女性の間でブームとなっています。京都の花魁の衣装は地方では絵踏衣装呼ばれており、なじみの客が花魁の気を引くために美しい着物を貢いでいたといわれています。そのため、京都の花魁は非常に豪華な衣装なので実は花嫁装束であることはあまりしません。これは花魁が客と一夜限りの初夜を過ごすために、豪華な衣装を身に着けているのです。実際に、花嫁衣装の一番外側に着る色打掛を花魁は着用しています。そのため、京都の花魁衣装には他の和服とは全く違う特徴があります。それは普通の和服では後ろに結ぶ帯を前に結んでいることです。その理由は帯の豪華な部分を見せるためや、当時の公家や上流武家のような上流かいきゅへのあこがれなどの理由がありましたが大きい理由として花魁をはじめとする遊女が一夜妻であったという事があります。花魁が活躍していた江戸時代は既婚の女性は前結び、未婚の女性は後ろ結びという風習があり、次第にそのような風習は日常の家事がしにくいという理由で廃れていきましたが、花魁をはじめとする遊女たちは一夜限り初夜を楽しむ妻という意味もあったため、既婚者を現す前結びの風習で帯を前に結ぶ風習が残ったのです。このように一夜限りの新婚生活を楽しむというあり方を目指した結果、あのような通常の和服とは一線を画したセクシーな雰囲気の衣装となっているのです。